京都市立芸大の他、入試で立体課題が出される大学があります。具体的なモチーフを元にしたものから、抽象的なテーマまで、素材や空間を生かせるよう、学院では様々な課題に取り組みます。

最初の内は、初心者にとっては大変です。
発想や表現以前に、素材の扱い方・道具の使い方・パーツの作り方など
慣れるまで試行錯誤…(他の科目も同じですが)。小中学校で習った(?)円柱や直方体の作り方、展開図の記憶も
引っ張り出して来なければいけません。
(もちろん、資料を配付したり、説明&指導をしていきます!)

もともと「モノづくりが好き」という人はもちろんいますが、
課題をきっかけに立体物の制作に興味を持つ人も、意外と多いんですよ★