写真は、デイタイムスクールのレタリング「12か月の文字デザイン」提出作品の一部です。
基本書体のトレーニングを経て、今回はオリジナルの和文書体で12か月を表現する課題。受講生はそれぞれの月の季節感等イメージの違いを考えながら、熱心に取り組まれていました。
教員によると
「とげとげした文字デザインの月については、文字の間隔も印象的になるよう考えられていて、シャープに且つ柔らかく描けています。特に“神無月”がいいですね。」
とのことでした★