学院最寄りの北浜駅界隈には、1920~30年代のレトロビルが点在しています。
その中でもひときわ目を引く、
蔦の洋館「青山ビル」内部見学ツアーに参加しました★


大正時代に個人の邸宅として建てられ、現在はテナントビルとして
活用されているそうですが、とにかく設備も意匠も豪華!

国登録有形文化財となっており、建築当時のステンドグラスや大きなガラス窓、天井の装飾などもオリジナルが残されていて、とても見ごたえがありました。
ダンスホールや遊技場、電話交換室、食事用リフト、和洋庭園などもあったそうで、実業家としてのオーナーの成功を感じられました。

*写真:蔦に覆われた外観。この蔦は2代目で、甲子園の蔦を株分けしてもらったものだそうです。
内部階段や窓もレトロで素敵でした。階段手すりのカーブは1本の木を曲げて作られており、
複雑な曲線がとても美しかったです★