生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪(通称:イケフェス大阪)が先週末に開催されました。大阪の魅力的な建築を一斉に無料公開する日本最大級の建築イベントです。
学院周辺にも参加ビルが多くありましたが、北浜駅周辺にある登録文化財2件の見学に行ってきました。

「北浜レトロ」は1912年建設の洋館を改装してできた英国式喫茶。何度か入ったことはありましたが、じっくり室内を見学すると改めてイイ雰囲気だなあと感じました。今の季節は特に、窓外に川とバラ園を見ながらお茶とレトロな室内を楽しめるのが良いです。
「新井ビル」は1922年建設のビル。現在は1-2Fが洋菓子の「五感」の店舗なので、ご存じの方も多いと思います。今では作られていない仕様の窓ガラスや、号室表記など、こまごました所にも時代を感じられました。

普段はなかなか見られない建築物の内部をじっくり見られるのは、とても楽しい経験でした。今回は2件だけでしたが、また来年は色んなところを回ってみたいと思いました★

写真:
左は「新井ビル」の屋上。戦時中にエレベータ―が撤去されたそうですが、屋上にEV機械室の名残のドームが残っています。
右は「北浜レトロ」2Fの喫茶室。窓から中之島公園の景色が楽しめます。